コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苗栗 ビョウリツ

デジタル大辞泉の解説

びょうりつ〔ベウリツ〕【苗栗】

台湾北西部にある県。山がちな地形で、稲作のほかサツマイモ・茶の栽培が盛ん。ミャオリー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

苗栗
びょうりつ / ミヤオリー

台湾北西部の県。ほぼ台北と台中の中間に位置する。人口55万9703(2000)。客家(ハッカ)が大半を占める。東側に雪山山脈を望み、3000メートル級の高峰が群立する。おもに農業が行われ、米、サツマイモ、ラッカセイなどのほかに、シトロネラソウ(化学原料)を産する。また台湾最大の石油、天然ガスの産地である。縦貫鉄道、南北高速公路が通る交通の要衝で、付近に有名な景勝地獅頭(ししとう)山がある。[劉 進 慶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

苗栗の関連キーワードミヤオリー(苗栗)市ミヤオリー(苗栗)県シートウ(獅頭)山台湾大地震孤蓬 万里ラッカセイ掛川動物群劉 泰英葉 菊蘭曽 永賢丘逢甲羅福星朱 銘雪山

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

苗栗の関連情報