羊毛工業(読み)ようもうこうぎょう

百科事典マイペディアの解説

羊毛工業【ようもうこうぎょう】

長繊維羊毛から毛織物原糸,メリヤス糸,手編糸などを生産する梳毛(そもう)紡績,短繊維羊毛を原料とする紡毛紡績,および毛織物業からなる。日本では梳毛紡績は綿紡大企業の兼営や専業大企業で行われるが,後2者は多数の中小企業を主体としている。1879年官営千住製絨(じゅう)所の開業に始まり,第2次大戦後,衣料消費の高度化により本格的に発展。しかし,1975年に14万2000tあった毛糸生産高は1997年には6万2000tにまで落ち込んでいる。また毛織物は1975年に3億5700万m2の生産高が1997年には2億4700万m2になっている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羊毛工業の関連情報