コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千住製絨所 せんじゅせいじゅうしょ

2件 の用語解説(千住製絨所の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

千住製絨所【せんじゅせいじゅうしょ】

日本最初の近代的毛織物工場。1876年大久保利通の主導により,内務省所管で東京千住(今の荒川区)に設立,ドイツに留学した井上省三の指導で1879年操業,軍服や各種官服類の国産と民間羊毛工業の育成に当たった。
→関連項目羊毛工業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千住製絨所
せんじゅせいじゅうしょ

羊毛精製と織布のため、明治政府により設立された模範官営工場。明治初年、外国からの多額な羊毛製品の輸入阻止と軍服材料の国内自給を目ざして、内務卿(きょう)大久保利通(としみち)の指導下に、1876年(明治9)製絨所が設立された。翌年、東京の千住南組に約8300坪の民有地が買収され、79年、内務省所管の「羅紗(らしゃ)製造所」が完成、ドイツで技術を学んだ井上省三が初代所長に任命された。しかし、同所のラシャ生産はその原料を輸入に依存したうえ、粗悪品しかつくれず、上質な輸入品には対抗できなかった。81年に農商務省へ、ついで88年には陸軍省へ移され、以後その管理下にあった。[石塚裕道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の千住製絨所の言及

【織物】より

…明治になって官吏や軍人の洋服着用が規定され,毛織物の需要が増して輸入が増えた結果,政府は1876年製絨所を創設してドイツから製絨機械を購入,また同国から技術者を雇い入れて78年東京千住に工場を建設,翌年操業を開始した。この千住製絨所は日本最初の毛織物工場であるが,88年陸軍省に移管され,以後もっぱら軍需用の羅紗や毛布の製造を続けた。民間では明治20年代に数社が設立され,ドイツ,フランス,イギリスの機械を導入して徐々に成長を遂げていった。…

【毛織物】より

…【山根 章弘】
[近代日本の毛織物業]
 明治初期には,軍服や警察・官庁の制服など官需の高まりによって毛織物の輸入は巨額になり,日本の輸入総額の20%程度を占めていた。そこで政府は外貨の節減をはかるため,勧業寮の井上省三をドイツに派遣して生産技術を学ばせ,1879年から官営(内務省勧農局所管)千住製絨(せいじゆう)所の操業を開始し,井上が所長に就任した。千住製絨所は88年陸軍省直轄となるまで,その技術を一般に公開し,民間企業の勃興を促し続けた(同製絨所はその後陸軍製絨廠南千住工場となり,第2次大戦後の1945年大和毛織に払下げ前提で貸与され,48年払い下げられた)。…

【繊維工業】より


【日本における歴史】

[綿糸,綿布]
 日本においては,1867年(慶応3)に最初の機械紡績工場である鹿児島紡績所が薩摩藩によってつくられた。明治に入り,殖産興業の名のもと繊維工業の育成政策がとられ,72年(明治5)に富岡製糸場,79年に千住製絨所など官営の工場がつくられた。とくに,輸入が急増していた綿糸・綿織物の国産化は急務であり,政府は1878年に愛知紡績所,広島紡績所の設立を企画したほか,民間業者に対する機械の払下げ,機械輸入のための資金援助などによって綿紡績業の育成を図った。…

※「千住製絨所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

千住製絨所の関連キーワード毛織物梳毛織物紡毛織物釜石近代的言海前近代的毛織チッピングノートン後藤恕作

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone