コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美濃本(読み)ミノボン

世界大百科事典 第2版の解説

みのぼん【美濃本】

美濃紙を二つ折りにした大きさの和書をいう。美濃紙は書院紙,直紙(じきし)ともいわれ,平安時代から和書の主要な料紙であったので,美濃本は和書の標準的な大きさとなっている。美濃紙にも大直,中直(上美濃ともいう)などいくつかの大きさがあるが,書院美濃ともいわれる小直は縦9寸2分,横1尺3寸7分(279mm×415mm)で,美濃本は,おおむねその半截判と考えてよい。美濃本と並んで多いのは〈半紙本〉であるが,これは大奉書紙(縦1尺3寸,横1尺7寸5分(394mm×530mm))を半截した半紙二つ折りの大きさで,美濃本よりひとまわり小さい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の美濃本の言及

【大本】より

…江戸前期の仮名草子や西鶴本,あるいは江戸中期ころまでの漢詩文集,和歌和文集などは主としてこの形態をとる。美濃本とも。(2)美濃本より大きい形態のもの。…

【判型】より

…和紙による和装本の代表的な大きさには,美濃判,半紙判がある。美濃紙(書院紙ともいう)を用い,長辺を二つ折りにした大きさの本(300mm×210mm)を美濃判または美濃本という。半紙を用い,長辺を二つ折りにした大きさの本(250mm×170mm)を半紙判または半紙本という。…

※「美濃本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android