コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和本 ワホン

4件 の用語解説(和本の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わ‐ほん【和本】

和紙を和とじで製本した本。⇔洋本
主に日本語で書かれてある本。和書。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

わほん【和本】

和紙を和綴わとじにして作った本。 ↔ 洋本

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和本
わほん

唐本(とうほん)、朝鮮本、洋本(洋装本)に対する語。和紙を用い、わが国古来の装丁によってつくられた本で、和装本ともいう。主として冊子形の書物をさし、巻子(かんす)本や折(おり)本は含まないのが普通である。装丁法には、糊(のり)のみを用いた胡蝶(こちょう)装、糸でとじる綴葉(てっちょう)装、平紐(ひも)による大和綴(やまととじ)、書写面または印刷面を表にして袋状に二つに折り、糸でとじる袋綴などがある。和本には、縦に長い美濃(みの)本、大本(おおぼん)、半紙本、中(ちゅう)本、小(こ)本、横長の横本、三つ切(ぎり)本、四つ切本、四角形の枡形(ますがた)本、ごく小形の豆(まめ)本など、種々の大きさのものがあるが、特殊なものに平安時代の『扇面法華経(せんめんほけきょう)冊子』(国宝、大阪四天王寺蔵)のような扇形のものもある。[金子和正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

和本

洋本(洋装本),唐本,朝鮮本などに対して,日本で出版され,和紙を用い和綴じで製本された書物で,装訂の分類から和装本ともいわれる.主として,冊子体の書物をさし,巻子本や折本は含まないのが普通である.装丁法には,紙の折り目に糊付けした胡蝶装(こちょうそう)あるいは粘葉装(でっちょうそう),糸で綴じる綴葉装(てっちょうそう),平紐で綴じる大和綴(やまととじ),袋状に折って糸でとじる袋綴じがある.和装本というと現在では袋綴じを指すのが一般的.和本の形には,縦長の美濃(みの)本,半紙本など,横長の横本,四角形の枡形本,ごく小形の豆本など種々の大きさのものがある.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和本の関連キーワード仮製本仮綴じ上製本線装帳綴じ洋本和書和装和綴じ刷本

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和本の関連情報