コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和本 ワホン

デジタル大辞泉の解説

わ‐ほん【和本】

和紙を和とじで製本した本。⇔洋本
主に日語で書かれてある本。和書

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わほん【和本】

和紙を和綴わとじにして作った本。 ↔ 洋本

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和本
わほん

唐本(とうほん)、朝鮮本、洋本(洋装本)に対する語。和紙を用い、わが国古来の装丁によってつくられた本で、和装本ともいう。主として冊子形の書物をさし、巻子(かんす)本や折(おり)本は含まないのが普通である。装丁法には、糊(のり)のみを用いた胡蝶(こちょう)装、糸でとじる綴葉(てっちょう)装、平紐(ひも)による大和綴(やまととじ)、書写面または印刷面を表にして袋状に二つに折り、糸でとじる袋綴などがある。和本には、縦に長い美濃(みの)本、大本(おおぼん)、半紙本、中(ちゅう)本、小(こ)本、横長の横本、三つ切(ぎり)本、四つ切本、四角形の枡形(ますがた)本、ごく小形の豆(まめ)本など、種々の大きさのものがあるが、特殊なものに平安時代の『扇面法華経(せんめんほけきょう)冊子』(国宝、大阪四天王寺蔵)のような扇形のものもある。[金子和正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

和本

洋本(洋装本),唐本,朝鮮本などに対して,日本で出版され,和紙を用い和綴じで製本された書物で,装訂の分類から和装本ともいわれる.主として,冊子体の書物をさし,巻子本や折本は含まないのが普通である.装丁法には,紙の折り目に糊付けした胡蝶装(こちょうそう)あるいは粘葉装(でっちょうそう),糸で綴じる綴葉装(てっちょうそう),平紐で綴じる大和綴(やまととじ),袋状に折って糸でとじる袋綴じがある.和装本というと現在では袋綴じを指すのが一般的.和本の形には,縦長の美濃(みの)本,半紙本など,横長の横本,四角形の枡形本,ごく小形の豆本など種々の大きさのものがある.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

和本の関連キーワード康熙綴じ・康煕綴じ京の色紙短冊和本帖角切れ・角裂れ南木 芳太郎三つ切り本寿ふ・祝ふ四つ目綴じ胡蝶綴じ尊攘紀事故実叢書大和綴じ経師屋美濃本細川紙旋風葉取り瓶板目紙書帙古本題簽

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和本の関連情報