コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半紙本 ハンシボン

世界大百科事典 第2版の解説

はんしぼん【半紙本】

書誌学用語。判紙本とも書く。半紙二つ折りの大きさの本。若干の差異があるが縦22cm,横15cm程度の寸法。江戸後期の一般向きの図書は多くこの形態をとる。代表的なものに読本(よみほん)がある。【宗政 五十緒】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はんしぼん【半紙本】

半紙を縦に二つ折りにした大きさの本。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の半紙本の言及

【小本】より

…書物の形態をいう書誌学用語。半紙二つ折りを半紙本といい,それをさらに二つに折った大きさのもの。おおよそ縦14~15cm,横10~11cmで,今日の文庫本程度の大きさである。…

【判型】より

…美濃紙(書院紙ともいう)を用い,長辺を二つ折りにした大きさの本(300mm×210mm)を美濃判または美濃本という。半紙を用い,長辺を二つ折りにした大きさの本(250mm×170mm)を半紙判または半紙本という。また,美濃本より大きい形の本を大本(おおほん)といい,美濃本の半分の大きさの本を中本(ちゆうほん),半紙本の半分以下の大きさの本を小本(こほん)という。…

【美濃本】より

…美濃紙にも大直,中直(上美濃ともいう)などいくつかの大きさがあるが,書院美濃ともいわれる小直は縦9寸2分,横1尺3寸7分(279mm×415mm)で,美濃本は,おおむねその半截判と考えてよい。美濃本と並んで多いのは〈半紙本〉であるが,これは大奉書紙(縦1尺3寸,横1尺7寸5分(394mm×530mm))を半截した半紙二つ折りの大きさで,美濃本よりひとまわり小さい。また,美濃本よりも大きい本は大本(おおほん)といい,美濃本の半分は中本(ちゆうほん),半紙本の半分およびそれ以下を小本(こほん)という。…

※「半紙本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

半紙本の関連キーワード役者口三味線冨嶽三十六景歌舞伎の用語日本歳時記俳諧七部集江戸繁昌記東都歳事記咄本・噺本笈の小文雨月物語談義本鹿子餅狂言本美濃本安積沼武蔵曲真名中本根本横本

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半紙本の関連情報