コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豆本 マメホン

世界大百科事典 第2版の解説

まめほん【豆本】

きわめて小型に製作された本で,英語のmidget book,miniature bookにあたるが,bibelot,bijou book,dwarf book,liliput editionなどと多くの愛称がある。愛書趣味的な本が多い。日本でも〈豆本〉のほか中国渡来の巾箱(きんそう)本,袖珍(しゆうちん)本,寸珍本などの呼称があり,江戸時代の雛(ひな)本,芥子(けし)本などの称がある。どれほどの大きさのものを指すかについてはかなり幅があり,たとえば袖珍本は〈袖に入れて持ち歩ける本〉ということで,英語のpocket book(ポケット判)にあたり,文庫本,新書判はこれに該当する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

まめほん【豆本】

きわめて小さな本。寸珍本。芥子けし本。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豆本
まめほん

きわめて小型の本。欧米ではミニアチュア・ブックminiature bookまたはビジュー・ブックbijou bookとよぶ。厳格な規定があるわけではなく、日本ではだいたい縦10センチメートル・横6センチメートル(A7判)以下のものをいい、欧米ではだいたい縦6センチメートル以下のものをよんでいる。これに対し、豆本というからには縦4センチメートル以下にするべきだという意見もある。[今井田勲・八木福次郎]

日本の豆本

日本における豆本の発生は、遠く江戸時代にさかのぼり、おおかたは婦女子向きにつくられたもので、木版印刷が多く、幕末・明治初期には銅版印刷のものもあった。当時は芥子(けし)本、雛(ひな)本ともよばれていた。
 第二次世界大戦前にも一部の人の間で豆本がつくられてはいたが、今日の隆盛をみるに至ったきっかけは、戦後の1953年(昭和28)札幌で創刊された『ゑぞ・まめほん』にある。主宰者佐藤与四郎は小樽(おたる)新聞社の出身で、編集、印刷に精通し、『武井武雄刊本作品』(当時は武井豆本とよばれていた)の会員と図り、縦9センチメートル・横7センチメートルの瀟洒(しょうしゃ)な豆本を年4回刊行した。戦後、書物に飢えを感じていたおりから、豆本らしい豆本の誕生は愛書家の垂涎(すいぜん)の的となり、これに触発されて全国各地でその地方名などを冠した豆本が続出した。
 豆本の版元は愛書趣味の人が多く、1、2の例外を除いて、これを本業としている人はいない。つまり営利出版でないところに豆本の楽しさがあるといえる。ほとんどが会員制をとっており、年会費を先払いしておけば、年に数回豆本が送られてくる仕組みになっている。会員は300人程度が普通で、なかには100人限定というところもあれば、700人を超えているところもある。
 会員になれない人のために、豆本を扱う専門店もできている。版元が会員数のほかに自家版として余分に製作したものを回してもらったり、随時に刊行される単行豆本を扱っている。また東京には西洋豆本のみを扱う専門店もできている。『古通豆本』(東京都千代田区・日本古書通信社)刊行の『現代豆本書目』によれば、1981年(昭和56)8月までに定期的に発行された会員制豆本(シリーズ豆本)の版元は60を超えていた(81年以降の調査は行われていない)。
 すでに終刊または休刊となった著名なシリーズ豆本には『ゑぞ・まめほん』のほか、『えちぜん豆本』(福井県・青木隆)、『風流豆本』(東京都・岩佐東一郎)、『あかし豆本』(兵庫県・らんぷの会)、『九州豆本』(大分県・水谷護(まもる))、『名古屋豆本』(愛知県・亀山巌(いわお))、『みちのく豆本』(山形県・佐藤公太郎)、『田奈部豆本』(和歌山県・吉田弥左衛門)などがある。[今井田勲・八木福次郎]

世界の豆本

欧米でも豆本の出版や収集が盛んである。ヨーロッパでは16世紀ごろから豆本が流行し、内容は主として聖書のダイジェストであった。17世紀になるとシェークスピアの作品がそれにかわる。造本上からいっても活字の画数からいっても洋装本のほうが豆本向きである。イギリス、フランス、ドイツ、それにハンガリーとロシアでの刊行が盛んである。
 星野麻夫(びじゅぶっく・ほしの)が1980年6月に刊行した1.4ミリメートル平方の『蟻(あり)』は、若山牧水(ぼくすい)の童謡「蟻」と「汽車」を20ページに収録している。世界最小豆本としてギネス・ブックに登載されたが、1985年3月にスコットランドのグレニファープレス社から『オールド・キング・コール』という1ミリメートル平方の豆本が出版されて世界最小の座を降りた。[今井田勲・八木福次郎]
『今井田勲著『私の稀覯本 豆本とその周辺』(1976・丸ノ内出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

豆本

小形の本の総称.寸珍本,芥子本ともいう.日本では半紙本(半紙二つ折りの大きさ)の半分以下の大きさの本を小本(こほん)という.豆本は,小本の半分以下のものを指す.江戸時代から豆本は元来雛道具のためにできたものが多いので,豆本の中でも特に小さいものを「雛豆本」と称する.現存最古の雛豆本は1723(享保8),1724(享保9)年刊の赤豆本であるといわれる.豆本は愛好者によって趣味的に発行されるものが多い.洋書では100mm以下のものを指すが,和書では定義がはっきりしておらず,おおむね50mm以下を指すようである.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

豆本の関連キーワードBean to Barポケットブック岡本 文弥山登 松齢大野屋惣八斎藤 昌三今井田 勲がじゃ豆山登松齢今井田勲亀の尾三嶋豆和本髪形

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豆本の関連情報