コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義務教育費国庫負担制度 ぎむきょういくひこっこふたんせいど

1件 の用語解説(義務教育費国庫負担制度の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

義務教育費国庫負担制度

教育の機会均等とその水準の維持を目的として、公立の義務教育諸学校の教職員給与について、都道府県が負担した経費の一部を国が負担する制度。2004年度に、国が負担すべき額の総額を確保し、その使い方については地方の裁量にゆだねる総額裁量制が導入された。06年度から負担比率は2分の1から3分の1に切り下げられ、減額分は都道府県に税源移譲されることになった。

(新井郁男 上越教育大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

義務教育費国庫負担制度の関連キーワード学校図書館司法警察機会均等維持飼料教育権義務教育標準法均等法JACET統一学校小児栄養

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

義務教育費国庫負担制度の関連情報