義太(読み)ギダ

大辞林 第三版の解説

ぎだ【義太】

「義太夫節ぎだゆうぶし」の略。 「 -の会二階のすみへ夜具を上げ/柳多留 86

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎだ【義太】

〘名〙
※黄表紙・高漫斉行脚日記(1776)中「おいらはいまの義太の道行で」
② (「都の錦‐附録」所出の「土佐上下に外記袴、半太羽織に義太股引豊後可愛や丸裸」から) 股引(ももひき)の異称。
※雑俳・柳多留‐七三(1821)「土佐や外記半太の礼も供は儀太」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android