コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義照 ぎしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義照 ぎしょう

920-969 平安時代中期の僧。
延喜(えんぎ)20年生まれ。京都の人。奈良元興(がんごう)寺で三論宗をまなぶ。承平(じょうへい)7年(4年,5年とも)の興福寺維摩会(ゆいまえ)で延暦寺良源論義をおこない,名をあげる。右大臣藤原師輔(もろすけ)の帰依(きえ)をうけ,良源,東大寺の法蔵とともに九条右丞相府中の三僧といわれた。安和(あんな)2年1月3日死去。50歳。法名は義昭ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

義照の関連キーワードベーダ(インドの聖典)吉沢検校(2代)上黒岩岩陰遺跡スシュルタインド科学司亭 升楽中野義照小川 隆処方監査吉沢検校処方箋延喜

義照の関連情報