コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽広菜(はびろな)

デジタル大辞泉プラスの解説

羽広菜(はびろな)

長野県伊那市で生産されるカブ円錐形上部が赤紫色に着色する。葉も根も漬物に加工して食される。来歴不詳だが江戸時代にはすでに栽培されていたとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

羽広菜[根菜・土物類]
はびろな

北陸甲信越地方、長野県の地域ブランド。
主に伊那市で生産されている。伊那市内の西箕輪羽広地区で古くから栽培されており、江戸時代には種子が売られていたという。蕪菜の一種。葉はびわ形で、根部は円錐形をしている。葉部は浅漬けなどに、根部は伝統の酒粕と味噌を使った羽広菜のかぶ漬や煮物・切り干しなどとして利用される。収穫期は10月中旬〜11月中旬。信州の伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

羽広菜(はびろな)の関連キーワード長野県伊那市

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android