コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽広菜(はびろな)

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

羽広菜[根菜・土物類]
はびろな

北陸甲信越地方、長野県の地域ブランド。
主に伊那市で生産されている。伊那市内の西箕輪羽広地区で古くから栽培されており、江戸時代には種子が売られていたという。蕪菜の一種。葉はびわ形で、根部は円錐形をしている。葉部は浅漬けなどに、根部は伝統の酒粕と味噌を使った羽広菜のかぶ漬や煮物・切り干しなどとして利用される。収穫期は10月中旬〜11月中旬。信州の伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android