コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽柴秀勝 はしば・ひでかつ

1件 の用語解説(羽柴秀勝の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

羽柴秀勝

没年:文禄1.9.9(1592.10.14)
生年:永禄12(1569)
安土桃山時代の武将。三好吉房の次男(秀次の弟),母は豊臣秀吉の姉(瑞竜院日秀)。幼名小吉。天正13(1585)年,信長の4男で秀吉の養子となっていた於次秀勝の没後に秀吉が養子に迎え,同じく秀勝と名乗らせ,遺領を相続させている。一時,領地の不満を申し立てたため秀吉の不興を買ったが,小田原攻め後,甲斐一国を与えられた。文禄1(1592)年2月,秀吉側室淀殿の妹小督(またはお江,お江与。のちの崇源院)と結婚。3月には朝鮮半島に渡り,唐島(巨済島)で病死。秀吉の計画では朝鮮出兵後,その全土の統治者に擬せられていた。小督はその後女子を出産したが,男子がなく断絶。なお小督はその後,徳川秀忠に再嫁した。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羽柴秀勝の関連キーワード五辻為仲道恵文閑細川玄旨山岡如軒安土桃山時代塙団右衛門横目付豊臣秀勝(1)羽柴秀保

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone