コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽柴秀勝 はしば・ひでかつ

1件 の用語解説(羽柴秀勝の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

羽柴秀勝

没年:文禄1.9.9(1592.10.14)
生年:永禄12(1569)
安土桃山時代の武将。三好吉房の次男(秀次の弟),母は豊臣秀吉の姉(瑞竜院日秀)。幼名小吉。天正13(1585)年,信長の4男で秀吉の養子となっていた於次秀勝の没後に秀吉が養子に迎え,同じく秀勝と名乗らせ,遺領を相続させている。一時,領地の不満を申し立てたため秀吉の不興を買ったが,小田原攻め後,甲斐一国を与えられた。文禄1(1592)年2月,秀吉側室淀殿の妹小督(またはお江,お江与。のちの崇源院)と結婚。3月には朝鮮半島に渡り,唐島(巨済島)で病死。秀吉の計画では朝鮮出兵後,その全土の統治者に擬せられていた。小督はその後女子を出産したが,男子がなく断絶。なお小督はその後,徳川秀忠に再嫁した。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

羽柴秀勝の関連キーワードコボ文禄石川数正梅北国兼天荊天瑞院天草版疋田流日本橋(東京都)京都・乙方(おつかた)遺跡

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone