コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊臣秀勝 とよとみ ひでかつ

2件 の用語解説(豊臣秀勝の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

豊臣秀勝

安土・桃山時代の武将。豊臣秀吉の養子。織田信長の五男。童名は次。安土城主となる。文禄元年(1592)朝鮮出兵の際歿。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

豊臣秀勝

没年:天正13.12.10(1586.1.29)
生年:生年不詳
安土桃山時代の武将。織田信長の4男で,羽柴(豊臣)秀吉の養子。通称於次。生年は定かではないが,天正10(1582)年の秀吉書状に於次は「十五六」とあることから永禄11(1568)年ごろの誕生と思われる。養子となったのは天正5,6年であろう。当初は長浜城の留守にあったが,同10年3月以降は秀吉と共に中国地方を転戦し,山崎の戦にも従軍。秀吉が大徳寺で行った信長の葬礼では秀吉と共に喪主を務めた。同年10月丹波亀山城主となり従五位下丹波守に叙任,次いで正四位侍従。同11年の賤ケ岳の戦,翌12年の小牧・長久手の戦に参加,13年7月には従三位左近衛権少将,次いで正三位中納言となり,丹波中納言と呼ばれた。しかしまもなく病を得,同年12月に急死した。

(二木謙一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone