コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽栗翔 はくりの かける

2件 の用語解説(羽栗翔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

羽栗翔 はくりの-かける

?-? 奈良時代の官吏。
羽栗吉麻呂の次男。羽栗翼の弟。母は唐(中国)の人。長安で生まれ,天平(てんぴょう)6年(734)父とともに帰国。25年後の天平宝字(てんぴょうほうじ)3年唐にいる藤原清河をむかえるため,遣唐使の一員として唐にわたったが帰国せず,以後の消息は不明。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

羽栗翔

生年:生没年不詳
奈良時代の官人。霊亀2(716)年父吉麻呂が学生阿倍仲麻呂の従者として入唐し,中国人女性との間に,翼,翔の兄弟が生まれた。この名前には父の帰国の願望が表れているともいわれる。天平6(734)年父と共に帰国した。天平宝字3(759)年在唐の前遣唐大使藤原清河(入唐後の名は河清)を迎えるために遣唐使が準備された際,録事に任命され,帰国する渤海使と共に渤海路をとって入唐。このときの大使高元度は同5年8月に帰国しているが,翔は清河のところにとどまり,帰国しなかった。円仁の『入唐求法巡礼行記』には登州開元寺の西方浄土絵の願主のひとりとしてみえる。

(森公章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羽栗翔の関連キーワード大和長岡霊亀阿曇刀阿倍爾閇榎井広国春日宮天皇藤原綱手文馬養文塩麻呂村国志我麻呂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone