羽釜(読み)ハガマ

  • 羽釜/歯釜

食器・調理器具がわかる辞典の解説

底が丸く、の中ほどにぐるりとつばがついていて、かまどに設置する際、つばのところでかまどのにかかるようになっている炊飯用の釜。鉄製が多いがアルミニウム製などもある。ふたは吹き上がってもはずれないよう、厚く重い木製のものを用いることが多い。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の羽釜の言及

【釜】より

…このほか,湯屋用の大釜もあり,東大寺大湯屋には鎌倉時代に重源が作らせた鉄製大釜(口径232cm)がのこっている。【大角 幸枝】
[飯炊き釜]
 一般に飯炊き釜は中央部よりやや上に羽(鍔(つば)ともいう)がつき,羽釜(はがま)と呼ばれる。鍋より深く,口が狭く,竈に載せて用いる。…

※「羽釜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android