コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯盒 ハンゴウ

百科事典マイペディアの解説

飯盒【はんごう】

かつて軍隊で使用されたアルミニウムまたはアルマイト製の炊具で,登山キャンプでの炊事にも利用。内蓋が付いていて,弁当箱の代りになる。普通は720ml(4合)炊(だ)き。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はんごう【飯盒】

弁当箱兼用の炊飯具。パンなどの調理を要しない保存食品を用いず,米麦の飯を主食とした日本の陸軍が,戦闘行動中の兵士の個々に米麦を携行させ,随時に炊飯させる目的で開発したものである。背囊(はいのう)に着装して携行させたため,背面のへこんだ独特の形をしており,身,ふた,および,はめ込み式の掛子(かけご)からなり,身には棒などに掛けてつるせるようにつるがつけてある。2食分4合の米を炊けるようになっており,掛子はすりきりで米2合を計量することができ,ふたいっぱいに満たした水を加えると,2合の米を炊くのによい水かげんになっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はんごう【飯盒】

野外で煮炊きするための、携帯用の炊飯具。アルミニウム製で底が深い。もと日本の軍隊で開発され、今は登山・キャンプなどで使用される。

めんこ【飯盒】

軍隊で、飯を盛る器。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

はんごう【飯盒】

野外で用いる、底の深い携帯用のつり手の付いた炊飯具。アルミニウム製が多い。明治以降日本の軍隊で普及し、後に登山やキャンプなどに広く用いるようになった。元来はたき火での炊飯に適した、そら豆のように片側がへこんだ長円形であったが、近年はこんろなどでの炊飯に向く、底面の広い円筒形のものもある。外ぶたと中ぶたが付くが、これらを用いて米や水の計量ができ、食器としても使えるようになっている。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飯盒
はんごう

野外に携帯して利用できる炊飯器と弁当箱兼用のアルミ製の容器。明治以前は携帯食は干飯(ほしいい)や握り飯を行李(こうり)に入れるものが多く用いられていた。飯盒が明治時代から軍隊で野戦用に用いられ、改良されて、のちこれがキャンプや登山などに広く用いられるようになった。基本的な形は、底が深く、断面は片側がへこんだ楕円(だえん)形で吊手(つりて)があり、中に掛子(かけご)(中蓋(なかぶた))がある。容量は掛子二杯で約640グラム(四合)の米飯がちょうど炊ける程度で、野外活動での昼食と非常食の二食分程度として利用できる。たき火を利用した炊飯には適しているが、近年のように石油こんろ、ガスこんろを利用する場合には、底面の広いコッヘルなどのほうがよい。形状は前述のもののほか、角型、持ち手のついたものなどがある。東南アジアなどで用いられているものにはかなり形状の異なるものもある。[徳久球雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

飯盒の関連キーワード非鉄金属工業飯盒炊爨コッヘル炊爨背嚢

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飯盒の関連情報