(読み)かま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


かま

飯を炊いたり湯を沸かしたりする道具。主として,鉄,アルミニウムなどの金属製であるが,土製のものもある。用途に応じて種類も大きさもさまざまであり,醸造製塩に用いられる工業用の釜もある。炊飯用のものは鍔(つば)がついているので羽釜とも呼ばれ,1升(1.8l)炊き,2升炊きなど大小各種あるが,炊飯器普及によって姿を消しつつある。茶の湯用のものは成立時代や地方によって異なるいろいろな形のものが継承されている。汽缶や蒸気缶などのボイラ類も釜と呼ぶことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かま【釜】

《「かま(窯・)」と同語源》
飯を炊いたり湯を沸かしたりするための器具。金属製または土製で、よりも深く、腰に鍔(つば)がある。古くは、まろがなえといった。はがま。
茶道で、湯を沸かす器具。茶釜。湯釜。
火山の噴火口。→御釜(おかま)
尻。転じて、男色。→御釜
カタツムリの殻。
「―打ちわらう」〈和泉流狂・蝸牛〉

ふ【釜】[漢字項目]

常用漢字] [音]フ(漢) [訓]かま
〈フ〉煮たきに使う金属製の器。かま。「釜中
〈かま(がま)〉「釜飯茶釜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かま【釜】

や湯沸しに用いる蓋つきの器具。釜を〈かま〉とよむのは,古代朝鮮語の音によるとも,竈(かまど)から転じたともいう。《正倉院文書》《延喜式》などの記録をみると,釜と竈はしばしば混同されていたようである。《和名抄》では釜を加奈閉(かなえ),末路賀奈倍(まろかなえ)と訓じ,足のない底の丸い釜としている。古くは土器で,古墳副葬品としては,竈,釜,甑(こしき)がひとそろいで発掘されている。金属製の釜は,中国古代に現れた3本足の(てい)を祖型として発達したものと考えられ,日本への渡来時期は不明だが,奈良時代には盛んに用いられていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


かま

ご飯を炊いたり、湯を沸かすのに用いる陶製または金属製の容器。普通、鍋(なべ)よりも底が深く、口が狭く、上部(甑(こしき))と底部の境に鍔(つば)(羽口(はぐち))をつくり、飯釜(めしがま)には重厚な木蓋(きぶた)を置くが、湯釜にはつまみのある、釜と同材の蓋を置く。飯釜の大きさは、その炊く米の容量をもって何升炊きといい、湯釜の大きさは、その口径をもって何寸という。またその個数を数える単位は古くは何枚といった。

 釜はカナエ(鼎)が訛(なま)ったもので、古くはマロガナエ(円鼎)ともいい、すでに奈良時代に製作されていた。もともとは湯を沸かすためのもので、以前は飯を蒸すには甑が、飯を炊くにはもっぱら鍋が使用されていた。鍋は、糅飯(かてめし)(米にほかのものを混ぜて炊いた飯)や麦飯を炊く湯とりの方法に適し、つるがあるので自在鉤(かぎ)にかけて、いろりでする炊事に便利であった。これに対し釜は、米の飯の炊乾(たきぼし)の方法に適していたので、近世に入って米食が普及し、竈(かまど)が改良されるとともに、ようやく炊飯用として一般化した。ここに、飯釜と湯釜の別も生じ、飯釜を単にカマとよび、湯釜をチャガマ、カンスなどというようになった。なお、昭和30年代ころからは家庭燃料がほとんどガスや電気となり、飯を炊く道具も電熱・ガスを利用する自動炊飯器が広く普及している。

[宮本瑞夫]

種類

炊飯用の羽釜(はがま)に一升(1.8リットル)または三升炊きのものから、一合ぐらいの釜飯(かまめし)用の小さなものもある。また村寄合や大家族の家など大量炊事用には、鍔がなく上のほうに開いた平釜が用いられた。このほか、圧力を利用する圧力釜、湯沸かし専用の茶釜、茶の湯に用いる口の小さい鑵子(かんす)とよばれるものなどがある。また製造工業用の大型のものなど、用途によっていろいろである。特殊なものとしては、釜の内に仕切りがあって、口が二つある湯茶両様を兼ねた銅壺(どうこ)などもあり、これはもっぱら大きな商家や遊女屋などの主人に愛用された。

 なお釜は、鉄製、銅製、アルミニウム製、陶製、土製のものが多く、蓋には重くてじょうぶなケヤキやカシが使われ、茶の湯釜の蓋には、釜と同材の銅製、銀製、真鍮(しんちゅう)製などが用いられた。

[宮本瑞夫]

民俗

釜に関する俗信や習俗も多くみられるが、古く『拾芥抄(しゅうかいしょう)』に、釜から発する「釜鳴り」によって吉凶を占う風習がみられる。また古くからの俗説に、地獄で罪人を煮るという地獄の釜は、盆と正月の16日に限り蓋をあけ、罪人を許すと信じられ、群馬県多野郡では、盆の16日を「釜の口開(くちあき)」とよび、茨城県の旧新治(にいはり)郡地方では旧7月1日を「釜蓋開(かまぶたあき)」とよんでいる。この日は、精霊が地獄を出るので、土に耳を当てるとその音が聞こえると信じられていた。そのほか、九州北部には、結婚の当日、花嫁の頭に釜の蓋をかぶせる「釜蓋被(かまぶたかぶせ)」の習俗などもみられる。

[宮本瑞夫]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【窯】より

…これは穴の中で缶(ほとぎ)を焼成することを意味する。日本の竈は炊事のカマドから出ており,釜という字も用いられたが,明治以降は窯の字が一般化している。 日本では最古の縄文土器を焼成した窯はまだ知られていない。…

【釜】より

…炊飯や湯沸しに用いる蓋つきの器具。釜を〈かま〉とよむのは,古代朝鮮語の音によるとも,竈(かまど)から転じたともいう。《正倉院文書》《延喜式》などの記録をみると,釜と竈はしばしば混同されていたようである。…

※「釜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報