老心(読み)おいごころ

  • ろうしん ラウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

※光悦本謡曲・天鼓(1465頃)「おやこは三界のくびかせと、きけば誠に老心、わかれの涙の両の袖」
〘名〙
① 老人の心。老人になってからの気持。
※本朝無題詩(1162‐64頃)四・三月尽日即事〈藤原有信〉「人事未壮日、老心何耐残春
② 父母の心。親心。
※永平道元禅師清規(13C中)典座教訓「所謂老心者。父母心也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android