コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

考槃余事 こうばんよじKǎo pán yú shì

世界大百科事典 第2版の解説

こうばんよじ【考槃余事 Kǎo pán yú shì】

中国,明の鑑識家,屠隆(とりゆう)(1542‐1605)の著とされるが,内容の大半は,高濂の《遵生八牋》により,曹昭の《格古要論》などからも多く採られていて,出版者が彼の名を偽託したものといわれている。初版は4巻であったが,のち17巻に改編され,書・帖・画より筆墨などの文房具,器服・遊具から香・茶・金魚におよぶ,文人の趣味生活に必要な事物についての要領のよい解説書である。考槃とは《詩経》衛風の篇名で,世を避けて自分の楽しみにふける意。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

考槃余事の関連キーワード狂態邪学文房四宝

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android