コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

考槃余事 こうばんよじ Kǎo pán yú shì

1件 の用語解説(考槃余事の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうばんよじ【考槃余事 Kǎo pán yú shì】

中国,明の鑑識家,屠隆(とりゆう)(1542‐1605)の著とされるが,内容の大半は,高濂の《遵生八牋》により,曹昭の《格古要論》などからも多く採られていて,出版者が彼の名を偽託したものといわれている。初版は4巻であったが,のち17巻に改編され,書・帖・画より筆墨などの文房具,器服・遊具から香・茶・金魚におよぶ,文人の趣味生活に必要な事物についての要領のよい解説書である。考槃とは《詩経》衛風の篇名で,世を避けて自分の楽しみにふける意。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

考槃余事の関連キーワード松盛斎理遊ゆらりゆらり内海鯉友関本理遊大有理有服部雄節福田循誘夕月張弓李由理有

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone