コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

考証派 こうしょうは

1件 の用語解説(考証派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

考証派
こうしょうは

江戸時代後期に興隆し幕末まで続いた医学の一派。井上金峨らの儒学の折衷派の影響を受けて,医学でも医学館の医師や望月鹿門,山田図南など,古方派後世派を折衷する立場を取る者が現れた。なかでも多紀元簡らを中心として古典の文献学および書誌学的考証が行われたが,その努力によって壊滅を免れ,後世に伝えられた医書が少くない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

考証派の関連キーワード家彫御城碁海北派東洋医学返し幕蹴転ばし武家時代蘭医落し幕浅井紫山

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone