コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

考証派 こうしょうは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

考証派
こうしょうは

江戸時代後期に興隆し幕末まで続いた医学の一派井上金峨らの儒学の折衷派の影響を受けて,医学でも医学館の医師や望月鹿門,山田図南など,古方派後世派を折衷する立場を取る者が現れた。なかでも多紀元簡らを中心として古典の文献学および書誌学的考証が行われたが,その努力によって壊滅を免れ,後世に伝えられた医書が少くない。森鴎外はこの一派の人々をテーマにした史伝小説を書いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

考証派の関連キーワード宇津木昆台多紀元胤伊沢蘭軒漢方医学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android