コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古方派 こほうは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古方派
こほうは

江戸時代の漢方の一つの学派。 17世紀中頃に名古屋玄医が当時流行していた思弁的傾向の強い金元 (きんげん) 流の医学 (後世派 ) に対する批判として,実証的な張仲景の精神への復帰を説いたことに始る。張仲景は後漢の人で,金・元時代よりも古いことから古方派と呼ばれた。しかし,実際に古医方を確立したのは後藤艮山であり,その門からは香川修徳山脇東洋らが出た。また,これとは別に一派をなした者に吉益東洞がある。古方派は古方を奉じながら,一方では実験を重んじる実証派であったため,陰陽五行説などの伝統理論に批判的であり,またみずから解剖を行なったりもして,漢方医学に新風をもたらし,蘭方医学にも影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の古方派の言及

【漢方薬】より

…江戸時代になると儒教・国学が盛んとなり復古思潮が普及し,医学もこの影響を受けて名古屋玄医などが経験を重んずる中国医学の原点の《傷寒論》にもどることを主張した。この思想は山脇東洋を経て吉益東洞に受け継がれ,古医方派(古方派)医学が確立された。東洞の医学は〈万病一毒論〉に代表されるが,これは,すべての病気は一つの毒によって生じ,この病毒を作用の強い薬の毒力をもって制するという思想で,はげしい攻撃的療法で知られる。…

※「古方派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古方派の関連キーワード荻野元凱吉益子直杉田玄白村井琴山傷寒論考証派薬徴

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android