耐海水性鋼(読み)たいかいすいせいこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「耐海水性鋼」の解説

耐海水性鋼
たいかいすいせいこう

海水による腐食に対し,耐久性を高めた構造用ニッケルクロムリンアルミニウムモリブデンなど耐食性の高い合金成分を添加した鋼で,溶接性,加工性などもよいが,海水中で使用した場合,普通鋼の3倍の耐用年数をもつとされ,鋼管形鋼などの形で使われている。港湾工事などのほか,海洋開発の展開に伴って需要量も増大している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android