コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳搔き みみかき

世界大百科事典 第2版の解説

みみかき【耳搔き】

耳の孔をかいたり,耳あかなどを取るときに用いる道具。古墳時代装身具の遺品に耳かきの形をした簪(かんざし)に似たものが発見されているが,耳かきに使用したかは定かでない。江戸時代に,簪の先に耳かきをつけて特色を出した。発案は貞享年間(1684‐88),御厨子所預高橋宗恒によるといわれている。貞享・元禄(1684‐1704)のころ,神田紺屋町長官,京都の唐人越久兵衛らが,耳のあか取りを商売にしていたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone