援護(読み)えんご

精選版 日本国語大辞典「援護」の解説

えん‐ご ヱン‥【援護】

① 困っているを助けてやること。「護の手をさしのべる」
※地方自治法(1947)二条「めいてい者等を救助し、援護し若しくは看護し、又は更生させること」
※第3ブラリひょうたん(1951)〈高田保〉一九〇五年「日本軍では、友軍を援護しなかったというだけで、聨隊長が銃殺されたと誌しているのだが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「援護」の解説

えん‐ご〔ヱン‐〕【援護】

[名](スル)困っている人をかばい助けること。「苦学生援護の手を差し伸べる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android