聖なるもの(読み)せいなるもの(英語表記)Das Heilige

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖なるもの
せいなるもの
Das Heilige

ドイツのプロテスタント神学者 R.オットーの主著。 1917年刊。著者は当時の合理的自由主義神学に対して,宗教における理性以外の要素を重視,神の絶対他者性を「おののかせる秘義」とし,それに対する人間の根源的情動を,そこから逃れようとする「拒否」と,そこへ引寄せられる「魅惑」との入り交ったものとしてとらえ,これらを総括して聖 das Numinoseと呼んだ。本書は非合理的な宗教体験の哲学的・心理的分析の試みとして現代の宗教研究に大きな影響を及ぼした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖なるものの関連情報