聖なるもの(読み)せいなるもの(英語表記)Das Heilige

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖なるもの
せいなるもの
Das Heilige

ドイツのプロテスタント神学者 R.オットーの主著。 1917年刊。著者は当時の合理的自由主義神学に対して,宗教における理性以外の要素を重視,神の絶対他者性を「おののかせる秘義」とし,それに対する人間の根源的情動を,そこから逃れようとする「拒否」と,そこへ引寄せられる「魅惑」との入り交ったものとしてとらえ,これらを総括して聖 das Numinoseと呼んだ。本書は非合理的な宗教体験の哲学的・心理的分析の試みとして現代の宗教研究に大きな影響を及ぼした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖なるものの関連情報