聖エルモ砦(読み)セイエルモトリデ

デジタル大辞泉の解説

せいエルモ‐とりで【聖エルモ砦】

Forti Sant'Iermu》マルタの首都バレッタにある星型の砦(とりで)。シベラス半島の先端に位置する。16世紀半ば、オスマン帝国の侵攻に備えるため、マルタ騎士団により建造された。1565年、オスマン軍による1か月間にわたる猛攻を耐え抜き、これを撃退した。第二次大戦では英国軍の前線基地が置かれ、イタリア軍による空爆を受けた。現在は戦争博物館と警察学校が置かれている。セントエルモ砦

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android