コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖ソフィア寺院 せいソフィアじいん

世界の観光地名がわかる事典の解説

せいソフィアじいん【聖ソフィア寺院】

ウクライナの首都キエフにある寺院。11世紀にヤロスラフ賢公によって建造された。金色に輝くドームがある建物内部には、聖母「オランタの像」など有名なモザイクフレスコ壁画がある。キエフ最古の遺跡の一つで、10世紀のキエフ黄金時代当時の生活をしのばせる装飾品や風俗画も数多く残り、ヤロスラフ賢公の霊廟(れいびょう)もある。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone