聖パトリック・デー(読み)せいパトリックデー

百科事典マイペディアの解説

英語でSt.Patrick's Day。アイルランドの守護聖人パトリック〔389ころ-461ころ〕を記念する日。3月17日。アイルランドの国章である三つ葉のシャムロック(クローバーの類似種)の飾りをつけたり,緑色服装をして祝う。ニューヨークの5番街にはセント・パトリック教会があり,毎年盛大なパレードが行われる。ボストンに移住したアイルランド系移民の風習が全米に広まった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の聖パトリック・デーの言及

【アイルランド】より

…彼以前にキリスト教徒が存在したことは確かであるが,教会制度を確立し,司教を叙任したのはパトリックが最初であった。彼はのちにアイルランドの守護聖人とされ,命日の3月17日は現在もアイルランド最大の祝日聖パトリック・デーとなっている。彼の死後,伝道活動は一時停滞するが,5世紀末から再び活発化し,ゲールの伝統を利用して部族単位の改宗が平和裡にすすめられた。…

※「聖パトリック・デー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android