聖ボリスとグレブ聖堂(読み)セイボリストグレブセイドウ

デジタル大辞泉の解説

せいボリスとグレブ‐せいどう〔‐セイダウ〕【聖ボリスとグレブ聖堂】

Tserkov' Borisa i GlebaЦерковь Бориса и Глеба》ロシア連邦西部、ウラジーミル州の村キデクシャにある教会。キエフ公国の最初期の聖人ボリスとグレブを祭る。12世紀にユーリー=ドルゴルーキーにより建造。13世紀にモンゴル軍の侵略を受けて破壊されたが、16世紀から17世紀頃に改築された。1992年に「ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。聖ボリスグレブ教会

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android