聖マーティン教会(読み)セイマーティンキョウカイ

デジタル大辞泉「聖マーティン教会」の解説

せいマーティン‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【聖マーティン教会】

St. Martin's Churchカンタベリーにある古い教会。6世紀にアウグスティヌスローマから派遣される以前のもので、「母なる教会」として愛されている。1988年「カンタベリー大聖堂聖オーガスティン大修道院及び聖マーティン教会」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android