聖マーティン教会(読み)セイマーティンキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

せいマーティン‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【聖マーティン教会】

St. Martin's Churchカンタベリーにある古い教会。6世紀にアウグスティヌスがローマから派遣される以前のもので、「母なる教会」として愛されている。1988年「カンタベリー大聖堂聖オーガスティン大修道院及び聖マーティン教会」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android