聖徳太子の墓(読み)しょうとくたいしのはか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖徳太子の墓
しょうとくたいしのはか

大阪府南河内郡太子町叡福寺境内にある聖徳太子と母穴穂部間人 (あなほべのはしひと) 皇后と太子妃膳部 (かしわで) 皇女合葬した墓。磯長墓 (しながのはか) ともいう。円墳で,切り石を用いた横穴式石室で,奥室に石棺乾漆棺が安置され,中央の石棺が穴穂部間人皇后,向って左が妃,右が太子の棺であるといわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖徳太子の墓の関連情報