コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖書文学 せいしょぶんがくBiblical literature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖書文学
せいしょぶんがく
Biblical literature

聖書を天啓の書としてばかりではなく,また文学書としても考える場合,これを聖書文学という。聖書はあらゆる文学類型を含んでおり,その文のあり方から,詩 (詩,歌,詞など) と散文 (律法文,記録,物語,年代記,歴史記述,書簡) に大別され,ジャンル別では,神がイスラエルに対する約束を実行したことを示す歴史文学 (ヨシュア記士師記など) ,恍惚的,啓示的な,後期預言者による預言者文学 (イザヤ書エレミヤ書など) ,律法文学,知恵文学などがあり,また新約の書簡 (ローマ書,コリント書) も書簡文学とみなしうる。分類の規準によっては,同一のものが種々のジャンルに入れられることも起りうる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

聖書文学の関連キーワードイディシュ文学聖書文献批判関根正雄ヨセフ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android