コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖画 せいが

大辞林 第三版の解説

せいが【聖画】

聖画像」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の聖画の言及

【洋風画】より

…第1期洋風画は16世紀末(桃山時代)に,キリスト教の伝播とともに誕生した。当時伝わったキリスト教はカトリックであったから,多数の聖画を必要としたが,信者数の増大とともにそれが輸入品だけでは不足するようになった。そこで,当時日本布教にあたっていたイエズス会では,その宗教教育施設であるセミナリヨにおいて,日本人の洋風画家を養成することにした。…

※「聖画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

聖画の関連キーワードニケフォルス[コンスタンチノープル]テオファネス・ホ・ホモロゲテステオドロス[ストゥディオス]コンスタンティノス[5世]コンスタンティノス(6世)グレゴリウス(2世)ヨハネ[ダマスカス]ウスペンスキー寺院カールシュタットグレゴリウス3世カルルシュタット千葉県匝瑳市蕪里ハドリアヌス1世ゲラティ修道院リウトプランドニカイア公会議イコノクラスムセバスチアヌスイコノスタシストリプティク

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖画の関連情報