聖職位階制(読み)せいしょくいかいせい

百科事典マイペディアの解説

聖職位階制【せいしょくいかいせい】

ローマ・カトリック教会の用語。〈教階制〉ともいい,ラテン語ヒエラルキアhierarchiaの訳。教皇を頭(かしら)とし,司教,司祭,助祭およびその他の教役者からなる聖職者のピラミッド状の組織をいう。
→関連項目ヒエラルヒー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android