コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖誕教会 セイタンキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

せいたん‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【聖誕教会】

Church of the Nativityパレスチナ地方の都市ベツレヘムにある教会。4世紀に古代ローマ皇帝コンスタンティヌス1世の母ヘレナにより、イエス=キリストが生まれたという洞窟の上に築かれた教会に起源する。6世紀にサマリア人に破壊されたが、東ローマ皇帝ユスティニアヌス1世によって再建。その後、十字軍の時代に改築された。現在はカトリック教会(フランチェスコ修道会)、東方正教会、アルメニア正教会によって共同で管理されている。2012年、世界遺産(文化遺産)また危機遺産に登録された。降誕教会聖降誕教会

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

聖誕教会の関連キーワードイエスの生誕地:ベツレヘムの聖誕教会と巡礼路ベスレヘム(パレスチナ)ベスレヘム

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖誕教会の関連情報