コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聚落 ジュラク

デジタル大辞泉の解説

じゅ‐らく【×聚落】

人の集まり住む村。集落

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅらく【聚落】

人の集まった村落。集落。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の聚落の言及

【集落】より

…その後,1925年A.ドマンジョンが初めて集落に対してhabitat humaineを用いて以降一般化し,英語でもhabitatが用いられる傾向がでてきた。 日本ではもと〈聚落〉と書き,その字義は〈人の集まりいるところ〉で,古代には寺院聖域などに対し在家の村落をさした。日本で最初に〈集落〉の語を用いたのは新渡戸稲造の《農業本論》(1898)で,農業経営の立場から農村の集落形として疎居・密居のあることを述べている。…

※「聚落」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

聚落の関連キーワードエルデネバトゥイーン オヨーン小田内 通敏楽焼き・楽焼読史方輿紀要服部 直人桑原千代子山崎 栄治村(村落)長谷川等伯和島 誠一梅の由兵衛山崎栄治小山隆オヨン土壁村落

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android