聞ならく(読み)きくならく

  • きく
  • ならく

精選版 日本国語大辞典の解説

(「ならく」は伝聞推定の助動詞「なり」のク語法) 聞くところによると。
※太平記(14C後)二四「聞説(キクナラク)岩栖礀飲、大に人世を忘るるは道人の幽趣也」
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「聞説(キクナラク)熱心なる油絵師は刑場なんどへも出張して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android