聞法(読み)もんぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聞法
もんぽう

仏教用語。仏教の教法を自己をむなしくして聴聞することをいう。仏の教えを信じる第1段階として重要視されている。真宗では「もんぼう」と読む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

もんぼう【聞法】

〘仏〙 仏法を聴聞すること。 「見仏-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android