職服(読み)ショクフク

大辞林 第三版の解説

しょくふく【職服】

職務を行うために着る服。制服。
作業服。仕事着。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょく‐ふく【職服】

〘名〙
職務上着ることを義務づけられた服。制服
※裁判所構成法(明治二三年)(1890)一一四条「審問に参与する弁護士も亦一定の職服を着することを要す」
② 作業などをするときに着る服。労働服。
※日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉四「女工は概して筒袖、然らざれば襷、前垂を為せるは多く一定の職服を用ふるは極めて少なし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android