コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肉桂色土 にっけいしょくど

1件 の用語解説(肉桂色土の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

肉桂色土【にっけいしょくど】

顕著な暑い乾季をもつ温暖亜湿潤な地中海式気候下で生成する土壌型。比較的発達した腐植に乏しい表層と赤褐色の下層土からなり,粘土は表層より下層に移動,集積。乾季に表層は硬化,雨季に砕けやすくなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の肉桂色土の言及

【土壌型】より

…その南方の半砂漠(年降水量150~200mm)ではアルカリ性を呈する褐色半砂漠土に移り変わっている。(4)暖(温)帯の土壌型 暖(温)帯に分布する主要な成帯性土壌型は,暖帯照葉樹林気候下の黄褐色森林土,地中海性気候帯の硬葉樹林下の地中海赤褐色土,半乾燥地中海性気候帯の乾性低木林下の肉桂(につけい)色土などである。 黄褐色森林土は,湿潤冷温帯の褐色森林土と湿潤亜熱帯の赤黄色土との中間に位置し,日本の西南部,中国の長江(揚子江)沿岸から南部,黒海沿岸などのシイやカシを主とする照葉樹林帯に分布している。…

※「肉桂色土」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone