下層土(読み)かそうど(英語表記)subsoil

翻訳|subsoil

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地表を覆う土壌層を上下2層に分け、上部の表土に対して下部を下層土という。この分け方は便宜的なもので、農耕の際掘起し(耕起)、かつ作物の根系がほぼ収まっている部分(作土)に対して、その層を支える下部を下層土(心土)とする呼び方があるが、土壌学的には、断面形のうえで、主として集積作用が行われているとみなされる層位(B層)を下層土としている。褐色(かっしょく)森林土の場合のように、腐植を含んで黒褐色を呈する表土に対して、その下部に続く褐色の層位すなわち下層土の特徴が、分類名称に採用される例がある。

[浅海重夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 表土より下の土壌。風化作用を受けることが少ないので土質が堅く、腐食物をあまり含有しない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android