コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肉蓯蓉 ニクジュヨウ

デジタル大辞泉の解説

にく‐じゅよう【肉××蓉】

植物オニクに近縁の中国産のホンオニクを乾燥したもの。漢方で強壮薬とする。にくしょうよう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にくしょうよう【肉蓯蓉】

植物オニクの漢方での名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の肉蓯蓉の言及

【オニク】より

…東アジア北東部,北アメリカに分布し,日本では本州中部以北,北海道の高山にみられる。和名は“御肉(おにく)”で,中国で強壮薬とされるホンオニク(肉蓯蓉(にくしゆよう))Cistanche salsa Benth.et Hook.に誤って当てられ,珍重される。木曾御嶽山や富士山で採集され,全草を乾かしたものを強壮薬として用いる。…

※「肉蓯蓉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

肉蓯蓉の関連キーワード御肉

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android