天南星(読み)テンナンショウ

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

てんなんしょう【天南星】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。サトイモ科テンナンショウ属植物の塊茎(かいけい)を乾燥したもの。マムシグサマイヅルテンナンショウムサシアブミなど多くの種類がある。鎮痙(ちんけい)去痰(きょたん)鎮痛鎮静消炎などの作用がある。五十肩肩こり神経痛に効く二朮湯(にじゅつとう)などに含まれている。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

てんなんしょう【天南星】

サトイモ科テンナンショウ属の多年草の総称。山地の林下に生える。葉は根生し、肉質の葉鞘が互いに巻き合って仮茎をつくる。初夏、花茎の先に緑色または帯紫色の仏炎苞に包まれた肉穂花序を立てる。球茎は有毒だが薬用ともする。世界には150種余のものが知られ、日本にもウラシマソウ・アオマムシグサ・ミミガタテンナンショウ・ユキモチソウなど約30種がある。
マムシグサの球茎の生薬名。去痰・鎮痙・消炎薬として用いられる。また、生をすりおろしてリウマチ・神経痛に貼る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

天南星 (テンナンショウ)

植物。サトイモ科テンナンショウ属の多年草の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てんなん‐しょう ‥シャウ【天南星】

〘名〙 サトイモ科テンナンショウ属植物の総称。多年草で東アジアを中心にアフリカ、北米およびメキシコに約一五〇種知られている。普通高さ三〇~一〇〇センチメートル。地中に白または黄褐色で偏球形の塊茎がある。花茎は葉鞘に包まれ、葉身は複葉。雌雄異株。春、仏焔苞に包まれた肉穂花序をつける。日本にはウラシマソウやマイズルテンナンショウの仲間、ムサシアブミやアオテンナンショウの仲間などが三〇余種知られる。塊茎は有毒だが、晒して救荒食ともし、漢方では鎮痙・袪痰・発汗・健胃剤などとする。へびのだいはち。へびこんにゃく。まむしぐさ。〔伊呂波字類抄(鎌倉)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の天南星の言及

【テンナンショウ】より

…テンナンショウの地下の球茎はデンプンを含有するが,あくが強くて食用には用いられない。便所のうじ殺しや漢方の天南星(てんなんしよう)として薬用とされる。 テンナンショウ属Arisaema(英名Indian turnip)は日本で30種以上が分化している大きな属で,西南日本に多い。…

※「天南星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android