コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肉骨粉 ニクコップン

3件 の用語解説(肉骨粉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にく‐こっぷん【肉骨粉】

家畜から食肉を除いた残りの部分を加熱処理し、粉末にしたもの。飼料や肥料にする。→骨粉牛海綿状脳症

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にくこっぷん【肉骨粉】

ウシやブタ、ニワトリなどの食肉処理の過程で得られる、可食部分を除いた内臓や皮、骨などを加熱処理して製造する動物用飼料。 → 牛海綿状脳症

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肉骨粉
にくこっぷん

食用の家畜、家禽(かきん)を解体する際に出る、肉の部分を除いた残りの骨、皮、内臓などを化学処理し、乾燥・粉砕したもの。日本では年間約40万トンが生産される(2000年時点)。骨のみを粉末処理したものは骨粉とよばれる。肉骨粉、骨粉ともカルシウムに富み、肥料、飼料として利用される。肉骨粉はタンパク質を多く含むため、飼料としての用途が広い。牛海綿状脳症(BSE)に感染したウシの肉骨粉飼料が同病の拡大の原因とされ、イギリスでは1988年から反芻(はんすう)動物に反芻動物由来の肉骨粉の使用が禁止された。その後、ニワトリ、ブタ用の飼料がウシに流用されるケースがあることが判明、1996年にはすべての家畜への使用を禁止した。同年、日本でもイギリスからの肉骨粉の輸入を禁止した。2001年からEU(ヨーロッパ連合)地域でも全面使用禁止となった。日本では2001年(平成13)9月、千葉県でBSEに感染したウシが発見されたため、ウシの肉骨粉の使用を禁止、すべて焼却処分とすることを決めた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肉骨粉の関連キーワードアシル基切れ端酸基残部熱処理炉ホエー余剰肩ロース加熱食肉製品もみ(籾)殻

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

肉骨粉の関連情報