肋膜(読み)ろくまく

  • ×肋膜

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 肺の表面と胸郭の内面を覆う漿膜。胸膜。〔医語類聚(1872)〕
※病院の窓(1908)〈石川啄木〉「東京から呼んだ職人が、肋膜に罹って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の肋膜の言及

【胸膜】より

…肺の外表面と,胸壁の内面,横隔膜の上面などを覆うひとつづきの薄い膜で,かつて肋膜ともいわれた。肺を覆う胸膜と胸壁などを覆う胸膜との間は胸膜腔とよばれるが,通常はほとんどすきまなく接している。…

【肺】より

…最も大きな単位は肺葉と呼ばれ,右肺は上葉,中葉,下葉の三つに,左肺は上葉,下葉の二つに分けられる。各肺葉は,肺を包み込む胸膜(肋膜)によって画されている。肺葉はさらに区域という単位に分けられ,それぞれ番号と名称がつけられている(図2)。…

※「肋膜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肋膜の関連情報