コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肢帯 シタイ

大辞林 第三版の解説

したい【肢帯】

脊椎動物の四肢の骨格の一部で、四肢を脊柱に結合させる役をなすもの。上肢帯(肩帯)と下肢帯(腰帯)とに分けられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肢帯
したい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の肢帯の言及

【肩帯】より

…脊椎動物の体の肩部にあって前方の有対肢(胸びれまたは前肢)の骨格や筋肉の土台となり,それらを胴に固定する働きをもつ骨格。ヒトでは上肢帯とよばれ,鎖骨と肩甲骨がこれにあたる。後方の有対肢(腹びれまたは後肢)に対しても類似の骨格があってこれを腰帯(ようたい)(骨盤のことでヒトでは下肢帯)とよび,肩帯と腰帯を合わせて一般に肢帯という。…

※「肢帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

肢帯の関連キーワード進行性筋ジストロフィー症進行性筋ジストロフィーアシナシイモリ頸部脊椎症胸鎖関節脊椎動物仙腸関節肩甲骨上肢帯下肢帯カメ骨盤恐竜上肢寛骨鎖骨背筋

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android