コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肢端知覚異常症 したんちかくいじょうしょうacroparesthesia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肢端知覚異常症
したんちかくいじょうしょう
acroparesthesia

先端知覚異常症,先端錯感覚症ともいう。四肢,ことに手指末端の感覚異常で,しびれ感を特徴とし,その他蟻走感,灼熱感,冷感などがある。深夜から明け方にかけて,指先から手のひらにかけて感じることが多い。肥満した更年期女性に多い。血管運動神経の障害によるといわれているが,妊娠,更年期,運動,寒冷なども関係する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android