コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肺活量計 はいかつりょうけいspirometer

翻訳|spirometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肺活量計
はいかつりょうけい
spirometer

スパイロメータともいう。肺活量をはかる装置。古典的で簡単なものは,下面の開いた円筒を紐で吊下げて水中に入れ,円筒内にゴム管を介して呼気を吹込むと,円筒内の空気が増した分だけ円筒が上に動き,その動いた距離から呼気量を知る装置がある。最近は熱線流量計などを用いて呼吸曲線を記録し,肺活量のほかに,最大吸気,最大呼気,残気量などを一度に測定する装置も開発されている。 (→呼吸計 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

はいかつりょうけい【肺活量計】

肺活量を測る装置。水中に沈めたドラム、または水中で回転するようにしたドラムに呼気を吹き込み、ドラムの上昇量または回転量で測定する。 → スパイロメーター

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

肺活量計の関連キーワード慢性閉塞性肺疾患スパイロメータードラム

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android