コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西戎 セイジュウ

大辞林 第三版の解説

せいじゅう【西戎】

中国人が西方に住む異民族に対して用いた呼称。西夷。 → 東夷北狄ほくてき南蛮

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西戎
せいじゅう

中国古代の西方異民族に対する蔑称(べっしょう)。戎は本来、戎狄(じゅうてき)、戎夷(じゅうい)などとして異民族をさした語であるが、のち西戎として西方民族をいうようになった。彼らは甘粛(かんしゅく)、陝西(せんせい)、山西方面にかけて活躍したらしく、陝西から興った周王朝もしばしばこれに悩まされ、紀元前8世紀前半、西戎の一種犬戎のためにいったん滅ぼされた。西戎は多くの部族に分かれており、春秋前期、秦(しん)の穆(ぼく)公が征したなかには緜諸(めんしょ)の戎、(こんじゅう)(昆夷(こんい))、(てきげん)の戎などがあり、そのほかにも義渠(ぎきょ)戎、驪(れい)戎、陸渾(りくこん)の戎とか大茘(たいれい)、烏(うてい)(くえん)など多くの名が伝えられている。その後は(てい)、羌(きょう)などチベット系の諸民族をさして西戎とよぶようになった。[宇都木章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

西戎の関連キーワード什・住・充・十・従・從・戎・拾・柔・汁・渋・澁・獣・獸・絨・縦・縱・蹂・重・銃世界(the world)秦の時代(年表)西域(せいいき)中華思想火浣布馬烽犬戎東夷四夷中原北狄中華褒姒穆公夷狄

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android