コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背斜トラップ はいしゃトラップanticlinal trap

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

背斜トラップ
はいしゃトラップ
anticlinal trap

石油を貯留するトラップの分類で,構造トラップの一種。貯留岩が背斜構造をなし,その上層が不浸透性の岩石であれば,この貯留岩中に石油やガスが集りトラップとなる。背斜トラップは最も普通のトラップ形態で,現在探鉱の対象となっているものはほとんどこの種に属している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の背斜トラップの言及

【褶曲】より

…しかし,激しく褶曲した地域では必ずしも対応せず,背斜状向斜や向斜状背斜も存在する。油田地帯では背斜状構造の内部に石油が貯留していることが多く,これを背斜トラップという。しばしば探鉱の目標とされる。…

【トラップ】より

…褶曲,断層などの地質構造において油田が形成されるのが構造トラップである。このうち最も重要なのは褶曲運動によって形成される背斜トラップである。世界全体の油田数あるいは埋蔵量のなかで背斜トラップの油田が占める比率は85~90%もある。…

※「背斜トラップ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

背斜トラップの関連キーワード八橋油田